歯医者さんは怖くない

みなさん歯医者は怖くないですか?
普段あんまり行かない場所だったり、痛くなったところを触られると、大人ですら怖いものです。
大人の場合は治療が必要な事を理解しある程度我慢できますが、小さなお子さんは違います。いやなものはいや、痛いものは痛い、怖いものは怖いのです。
しかし、痛くなってしまった虫歯を治療するには、その歯に何らかの処置をしなくてはなりません。歯が痛いけど、子供は治療はされたくなくて大泣きしてしまいます。治療することにより恐怖心でいっぱいの状態になり、その結果、そのような幼児体験はトラウマとなり、歯医者嫌いになってしまいます。お父さん、お母さんもそのような体験を持ち、歯医者が嫌いになった方々も多いかと思います。

それでは、どうすればよいのでしょうか?
第1に虫歯が1本も無いときから受診していただき、定期検診やフッ素塗布、正しい歯磨きの仕方の指導を受けること。
第2に私たち小児歯科藤原歯科のスタッフがお子さんに温かく包み込むようなコミュニケーションと治療を心がけること。
そうすることにより、「歯医者は痛くなってから行くこところではなく、歯をきれいにしてもらう場所」と思ってもらうことが虫歯にだらけの歯にならないようにするための近道です。私たち小児歯科藤原歯科はお母さんがお子さんと一緒に虫歯ゼロを目指す歯科医院でいたいと切に願っております。