ふじわら歯科ってどんなとこ?

「ふじわら歯科」ってこんなところです 我々といっしょに働きませんか

ふじわら歯科が徹底的にこだわる「滅菌と消毒」について

「ふじわら歯科」が今一番こだわっているもの。それは「滅菌と消毒」です。
これこそが「ふじわら歯科」に通ってくださる全ての患者さんや、「ふじわら歯科」で働いてくれるスタッフの「健康と安全」を守るうえで一番重要なことだと考えています。

何より大切なこと、それは患者さんやスタッフの「健康を守り育てる」ことに他なりません。そのための「小児歯科」であり「予防歯科」であると思います。大切な子ども達の未来を考えて・・・「ふじわら歯科」は、徹底的に「滅菌と消毒」にこだわっています。

歯科医師は常に真新しい手袋を着用し、それを患者さんごとに交換していることは言うまでもありません。

歯科医師が手袋をつけて触るものは全て、患者さんごとに交換するか捨てています。
例えば削る道具一式(いっさいがっさい「全て」です)、お口を掃除する機械一式、空気や水を吹き付ける機械、水を吸う機械、とにかく患者さんに使用したものは全て、患者さんごとに捨ててしまうか滅菌・消毒にかけています。

滅菌・消毒できないものには「サランラップ」を巻いています。これを患者さんごとに巻き変えているのです。
もちろんスタッフも手袋を着用しています。

厚生労働省がこのたび打ち出した「医療の安全指針」にのっとった、徹底した「滅菌・消毒」にこだわっています。(これをクリアーしないと国から「歯科医師臨床研修医指導施設」の認可がおりず、標榜もできません)
また、「病院らしいにおい」−消毒薬独特のにおいを消すことにもこだわっています。
最新の消毒・滅菌設備は「消毒薬のにおいの消臭」機能がついています。
今や「ふじわら歯科」では高熱ガス滅菌が主流になり、「排ガス」を無毒化無臭化して排気しています。

消毒薬も「クレゾール」などの独特のにおいを放つものではなく、手術に使用する「超酸性水」を使用していますので、においはほとんどしません。
さらに待合室をはじめ随所に、アロマテラピーを意識した「心地よいかおり」「心やすらぐかおり」 をほのかに漂わせるようにつとめています。

どうか一度「ふじわら歯科」でその徹底した滅菌・消毒を直接体験してみてください。「ふじわら歯科」では地域で一番の「滅菌・消毒」を目指しています。

ページのTOPに戻る